辛い症状はうつ病の可能性アリ~うつ病チェックで症状を把握しよう~

自己診断をきっかけに

男性

症状の種類

うつ病にかかる人が増え、さまざまなメディアでもこの病気が取り上げられています。うつ病という病名から連想されるイメージによって、多くの人が一定の症状を思い浮かべることでしょう。最も顕著な症状は、長期にわたって続くうつ状態です。一般にうつ病と聞いて最も多くの人が連想する状態でもありますが、それ以外にもいろいろな症状がこの病気の特徴として挙げられます。インターネットで検索すれば、うつ病をチェックするための自己診断プログラムの類が数多く見つかります。質問項目にはある程度の共通性も見られますので、複数の自己診断でチェックしてみて、当てはまる項目が多いようならうつ病が疑われます。チェック項目の中でも特に多いのは、趣味や娯楽に属する事柄が楽しめなくなったという例です。この項目では趣味や娯楽に分類される事柄が多岐にわたるため、取り上げる例によって多くの項目に細分化される可能性もあります。それらはすべて、楽しみや喜びの感情を失っているという点に集約されるのです。その他にも集中力の低下や無気力、不眠、食欲不振、イライラなどの情緒不安定、疲労感といった項目が目立ちます。食欲不振と関連する体重減少については、逆に異常な食欲増進によって体重が増加する場合もありますので注意が必要です。どちらにしても食欲と体重の顕著な増減が、うつ病を疑う際のチェック項目の1つとなります。自分に価値がないと思い込んだり、世の中から消えてしまいたいと願ったりするのもうつ病が疑われる心の状態です。以上のような点に心当たりがあったら、心療内科や精神科を受診して医師に相談すべきなのです。

心身の健康を取り戻す道

心療内科や精神科と聞いて、思わず身構えてしまう人も少なくありません。心の病気で病院へ行くことには、どうしても抵抗があるものなのです。映画やドラマ、小説などを通じて誤ったイメージが広がってしまった面もあるために、精神医療というものが誤解されているのです。少しでもそういった垣根を低くしようと、かつてはうつ病を「心の風邪」と呼んで医療機関を受診しやすくする工夫が行われました。現在ではうつ病に対する社会全体の理解も進んでおり、心療内科や精神科を訪れる際の敷居も低くなっています。患者の多くは特別な人でも何でもありません。どこにでもいる普通の人がこの病気にかかり、風邪で内科を受診するようにして心療内科や精神科を訪れているのです。医師がうつ病患者に接する際の姿勢も、内科など一般の病院の場合と変わりありません。問診と検査に基づいて診断を下し、薬を処方します。違いと言えば精神科医や臨床心理士との対話を通じた精神療法ですが、医師や臨床心理士は患者を高圧的に指導する存在ではありません。むしろ患者自身が心を見つめ直し、自分で自分の心を治療していくための手助けをしてくれる存在なのです。うつ病の自己チェックから始まって、医師や臨床心理士の助けを借りることにより、患者は心身の健康を取り戻していきます。そのためにも、日頃から自分の心の状態をチェックする習慣を持つことが大切です。少しでもおかしいと気がつく点があったら、ためらわずに心療内科か精神科を訪れるといいでしょう。それが症状を悪化させないための最善の方法なのです。