辛い症状はうつ病の可能性アリ~うつ病チェックで症状を把握しよう~

発症前の予防が大事

診断

発症しやすい人の特徴

脳内に存在するセロトニンが圧倒的に不足してしまうことで、うつ病の心理状態に陥ってしまいます。このセロトニンの分泌量が低下したり、作用が弱くなる原因は非常に様々です。中でも最も多く見られる原因がストレスです。ストレスが蓄積されると、セロトニンを分泌する神経の働きが低下します。この神経の働きが低下することでさらにストレスを感じやすい状態になり、セロトニンの分泌量がどんどん減少していきます。このような状態を放置してしまうと、うつ病の症状が急激に悪化し、日常生活に支障をきたす可能性も出てきます。なので、日ごろから自分の精神状態や身体の状態をチェックしておくことが重要です。日常的にチェックしておくことで、些細な異変に気づくことができます。うつ病は遺伝や体質によって、発症しやすくなることがあります。なので、自分がうつ病を発症しやすいかどうかを事前にチェックしておくと良いでしょう。完璧主義、失敗するのがひどく怖い、人から嫌われたくない、子供の頃から真面目で良い子、人の目を気にして自己主張ができない、感情の起伏が激しい、几帳面で責任感が強い、凝り性で集中しやすい、規則やルールを守る、周りに気を使うなど、これらの性格に当てはまるような人はうつ病を発症しやすいと考えられます。特に、真面目で優秀、親の手がかからない子供だったという人は要注意です。こうしなくてはいけない、こうでなくてはならないという気持ちが強くなり、自分の思うように事が進まない時や失敗した時などにうつ病を発症することが多いと言われています。

人気の予防法

心の病として浸透しているうつ病は、この数十年の間に広く浸透しました。数の推移で言うと、20年間の間に罹患率は倍以上の数字となっているのです。件数が増加した要因としては、精神科などにかかる方が増えたという点が挙げられるでしょう。以前は気が弱いとか、甘えているなどと思われていたようなことが、検査によって実はうつ病という病気であったということがわかり、患者数が増加したものと考えられています。また、患者数の増加に伴って病院や治療内容も充実し、より治療を受けやすい環境が整ってきていることも理由のひとつだと言われています。仕事や家事が忙しくストレスが蓄積されている人や、事前チェックでうつ病を発症しやすい体質の人などは、事前にうつ病予防をすることが多くなってきています。予防方法はいくつかありますが、特に人気が高いのが、手軽に続けられるサプリメントの服用です。うつ病を発症する原因は脳内のセロトニン不足なので、セロトニン不足が起こらないように、必要な栄養素をサプリメントで摂取するということになります。セロトニンは食品から直に摂り入れることが難しい成分ですが、その元となるトリプトファンとビタミンB6の摂取は食品からでも可能です。まず元となる成分を摂りいれ、そこから体内でセロトニンを生成すると良いでしょう。この2つの栄養素は家庭料理で摂取することも可能ですが、毎日忙しい人にとっては簡単に続けられるサプリメントのほうが人気が高くなっています。また、ストレスや疲労の蓄積を改善するために、昼寝をする人も増加しています。会社自体が昼寝を推奨している場合もあり、うつ病予防には非常に効果的だと考えられます。ただし、昼寝の時間が長すぎると、午後の仕事に支障が出てしまうので、長くても30分程度にとどめておくのがポイントです。