辛い症状はうつ病の可能性アリ~うつ病チェックで症状を把握しよう~

うつっぽいのは気分か病か

頭を抱えるレディー

決めつけるのは良くない

現代ではうつ病という言葉が多くの人に知られており、日常の中でも普通に使われる言葉となっています。世の中でうつ病を受け入れる姿勢が昔より高まっているのは確かなことですが、それと共にうつ病を軽視するような人も増えています。軽視というのはうつ病の人を悪く言うということいではなく、うつ病という言葉を重みもなく使ったり、うつ病でもない人をうつ病だと決めつけたりする人もいます。うつ病の診断をして良いのは専門の医師だけなので、ネットなどで自己チェックや知人のチェックを勝手に行った際に出た結果だけで、うつ病だと思わないようにしてください。うつ病というものはただ憂鬱な気分になるということではなく、重度のものになると日常の生活すらできなくなります。本当に患っている人はとてもツライ状態にあるので、軽々しくうつ病という言葉を使わない方が良いと思います。自分や家族がそうかもしれないと疑ったら、専門の医師に相談をすることが一番良いでしょう。しかし疑ってすぐに病院へ行かない方も少なくはないので、病院へは行きたくないという場合はネットにあるチェックをして見ると安心出来るはずです。しかしネットのチェックは確実な結果ではないので、本当に辛くて生活や仕事に支障が出ているのであれば、病院へ行くことをオススメします。症状については軽度から重度までありますが、現代ではなる人が増加しているとされます。かといって自分や周りの人が決めつけるのは良くない方向に進むばかりなので、専門の医師に相談して改善策を見つけていきましょう。

症状を知っておく

症状のとしては、抑うつ気分や食欲の増減、無関心や睡眠障害、さらには焦燥感や疲れている感覚、自殺念慮などがあります。また泣きそうな表情や雰囲気、悲しみを示す発言などで表に現れます。午前中に抑うつ症状が強く現れ、午後から夕方くらいに軽減する日内変動という症状の現れ方もあります。食欲に関しては増す方と減る方がいます。増す方は体重が増加し、減る方は体重が減少します。どちらも体重が1ヶ月で大幅に変わることがあります。食欲が増す場合は、特定の物だけを食べたがることが多いとされます。無関心になることもありますが、これは抑うつ気分に伴うもので、好きなはずの趣味や活動を行わなくなります。睡眠時間に関しては人それぞれですが、短くても長くても脳や体が重くなる原因になります。また落ち着きがなくなったり、乱暴になったりすることもあります。疲れている感覚何もしていないのに疲れを感じてしまいます。さらにはうつ病の場合、無気力になったり動作が鈍ったりするので、周囲の人がイライラすることもあります。他にも、人によっては思考力や集中力の低下仕事や家事に集中できなくなります。他の症状と合わさることで、日常生活が困難になることに繋がります。自殺念慮これは重度の方や、波が激しい方に見られるもので、一番危険な症状です。死んだ方が楽という考え方になっている状態のことで、その理由は抑うつ気分が辛いからなどさまざまです。人によりどの症状が現れるか分からないものですが、チェックをした上でこれらの症状があるのであれば、心療内科や精神科を訪ねてみる必要があります。

落ち込みが改善しない状態

先生と患者

今の時代はうつ病の自己チェックを誰でも好きな時に行えるものですが、診断をしても良いのは専門の医師だけなので自己チェックの結果を信じるのは誤りです。もし本当にうつ病で治療をするという時には、自分に合った治療方法をすることが大切です。

Read More...

発症前の予防が大事

診断

うつ病は脳内のセロトニンが不足することで発症します。うつ病になりやすい体質の人も存在するので、予防のためには事前チェックが重要とされています。うつ病になりやすい人やストレスが蓄積されている人には、サプリメントの利用や昼寝などが人気となっています。

Read More...

自己診断をきっかけに

男性

うつ病にはいくつかの特徴があります。チェックをしてみて自分に当てはまる項目があれば、心療内科か精神科を受診して医師に相談すべきです。うつ病と診断されれば薬や精神療法を通じて適切な治療が行われ、心身の健康を取り戻すことができます。

Read More...